子供の寝相が悪くても大丈夫!成長の証☆~子育てあるある~

子供の寝相って本当に笑っちゃうぐらい悪いですよね!あそこで寝ていたのにどうやったらそこへ?!目を疑っちゃいます^^

でも、この寝相の悪さってうちの子だけなの!?ほっておいていいの?って思ったことありませんか?

子供の寝相の悪さについて見てみましょう!

スポンサーリンク

寝相の悪さは成長の証

子供の寝相が悪い理由に関わってくる「成長ホルモン」。

この成長ホルモンは熟睡状態になった時に分泌されるそうです。

成長ホルモンが分泌されている間は、身体の表面がとても暑く感じるので少しでも涼しくなりたいと涼しい場所を求めて転がったり、回転したり、布団を蹴飛ばしたりするんですね!

冬の寒い時期にでも、布団も蹴飛ばしちゃってとんでもない方向に動いてるのを見たら、成長ホルモンがしっかりと分泌されていて健やかに育っているサインだと思ってもらって大丈夫!

大人になって成長ホルモンの分泌が減ると、寝相は自然に良くなりますよ!

矯正しなくていいんです!

どんなに悪くても矯正する必要はありません。しっかりと成長している証だと安心してください。

身体の筋肉をほぐす為、身体がゆがむのを防ぐためにも寝がえりはとても大事です。なので、むしろどんどん動いてほしいぐらいです!

ですので、しっかりと寝返りがうてるように、ベッドではなく広めのお布団を敷くのがベスト☆

部屋の環境をしっかりと整えてあげていると心配は何もいらなさそうですね^^

思い出に残しておこう!

赤ちゃんの寝相アートじゃないけど、こんなに寝相の悪い子供を見られるのも一時期だけ♪ 写真や動画に収めておいて貴重な思い出として残しておいてくださいね。

面白い寝相ネタ

寝相ネタの漫画で笑っちゃうのがこちら!

ここまでなっちゃうってちょっと奇跡(笑) 面白すぎです^^

まとめ

いかがでしたか?子供の寝相の悪さにもちゃんと原因があったんですね!原因があるなら安心できますね。

我が家も布団を蹴飛ばす度に掛けなおしていましたけど、今日からはほっておいてもいいかな~冷えない程度に適度に対処しよう!と思いました。

今日も読んでいただいてありがとうございます^^

関連記事

子育てあるある!2017年も吉幾三さんの替え歌で笑いましょう!

子供が鼻くそをパクリ(笑)止めさせるには!?~子育てあるある~

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローもお待ちしています!