2017年「おかあさんといっしょ」♪雨の日ソング選集

梅雨の6月、「おかあさんといっしょ」でも雨の日ソングが多くなりますね。

憂鬱になりがちな雨の日ですが、ちょっとでも楽しく過ごせるように工夫しましょう!

「おかあさんといっしょ」では小さい子でもつい口ずさんじゃう曲をセレクトして流してくれますよね!

どんな曲があるのか見てみましょう♪

「あめふり」

スポンサーリンク

作詞:北原白秋 作曲:中山晋平

まずは定番の童謡ですね♪

1925年(大正14)に雑誌『コドモノクニ』11月号で発表されたそうです。

ものすごい歴史がある~。

その時の雑誌がこちら

歌詞に登場する「じゃのめ」とは、いわゆる「蛇の目傘」の事で、中を白く周辺を黒・紺・赤などで太く輪状に塗って、蛇の目模様を表した紙製の雨傘のことを指すんだそうです。

子供の頃、「じゃのめって何?」って聞いた記憶がある~!

出典@http://www.worldfolksong.com/songbook/japan/amefuri.htm

「あめふり」歌詞

あめあめ ふれふれ かあさんが

じゃのめで おむかい うれしいな

ピッチピッチ チャップチャップ

ランランラン

かけましょ かばんを かあさんの

あとから ゆこゆこ かねがなる

ピッチピッチ チャップチャップ

ランランラン

あらあら あのこは ずぶぬれだ

やなぎの ねかたで ないている

ピッチピッチ チャップチャップ

ランランラン

かあさん ぼくのを かしましょか

きみきみ このかさ さしたまえ

ピッチピッチ チャップチャップ

ランランラン

ぼくなら いいんだ かあさんの

おおきな じゃのめに はいってく

ピッチピッチ チャップチャップ

ランランラン

「あめふり くまのこ」

作詞:鶴見正夫 作曲:湯山昭

こちらもかなり古い歌ですね。1961年に作られた曲のようです♪

下の動画のお声が素敵だったのでこちらを貼り付けますね☆

「あめふりくまのこ」歌詞

おやまに あめが ふりました

あとから あとから ふってきて

ちょろちょろ おがわが できました

いたずら くまのこ かけてきて

そうっと のぞいて みてました

さかなが いるかと みてました

なんにも いないと くまのこは

おみずを ひとくち のみました

おててで すくって のみました

それでも どこかに いるようで

もいちど のぞいて みてました

さかなを まちまち みてました

なかなか やまない あめでした

かさでも かぶって いましょうと

あたまに はっぱを のせました

雨だから」

作詞:さとうわきこさん/作曲:クニ河内さん

この歌はナ~二くんが登場するというマニアにはたまらない歌♪

 ナーニくんだよ♪

歌もあつこお姉さんの優しい歌声がすーっと耳に入ってきます。

ナーニくんの口笛を吹いている姿や、早着替えでカエルに変身する様子がたまらなくかわいい~!

「雨だから」歌詞

あめだから

かさがポロンポロン うたってる

あめだから

ながぐつピチャピチャ うたってる

あめだから

みちにいっぱい みずたまり

あめだから

はっぱのふねが ながれてる

あめだから

ぼくはくちぶえふいてみる

あめだから

かえるみたいにとんでみる

あめだから

みんなどうしているのかな

「かえるのがっしょう」

出典@pinterest

作詞:岡本敏明 ドイツ民謡

ドイツ民謡なんですね!知らなかった~!

輪唱でも楽しめる歌なので子供も大好きですよね☆

「かえるのがっしょう」歌詞

かえるのうたが

きこえてくるよ

クヮ クヮ クヮ クヮ

ケケケケ ケケケケ(注)

クヮクヮクヮ

注:この部分は、「ケロケロケロケロ」、「ゲゲゲゲゲゲゲゲ」、「ゲロゲロゲロゲロ」などとも歌われる。

「あめのひ どきどき」

2017年6月の「こんげつのうた」です。

別記事にしてありますのでご覧ください♪

2017年6月「おかあさんといっしょ」こんげつのうた♪「あめのひ ドキドキ」

まとめ

出典@pinterest

6月はたくさん雨の日ソングが流れるでしょうね!

雨の日ソングで気分だけはウキウキに過ごしたいものです^^

スポンサーリンク



人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローもお待ちしています!