熱帯夜に子どもが喜ぶものって!?凍らせたペットボトルで快睡眠

育児・子育て
スポンサーリンク

暑い夏は大人も子どもも寝付くまでに時間がかかりますよね。

エアコンで快適な部屋を作っていてもなかなか身体の熱が逃げないことも・・・

 

暑い日に大活躍するアイテム、凍らせたペットボトルは熱帯夜にも使えます!

 

スポンサーリンク

熱帯夜に子どもが喜ぶもの~凍らせたペットボトル~

ペットボトルを凍らせて持ち歩くのは今では当たり前のようになっていますよね!

 

熱帯夜にも使えるアイテムなので積極的に使って熱中症を防ぎましょう!

 

熱帯夜に有効な活用法って?

我が家では夏は凍らせたペットボトルを抱きながら寝るというのが当たり前になっています。

 

子どもは体温が高いのでどんなに快適な室温にしていてもまだ冷たいところを探してゴロゴロ。

 

その間に動きすぎて暑くなるのでひんやりシーツは必須。

【2019年】ひんやりシーツと枕のおすすめは?子供が喜ぶ夏の快眠グッズ
急に暑くなり寝付けなくなりました・・・。子供がいると室温を下げすぎるのも考えものなので、熱帯夜でも快適に眠れるひんやりマットやシーツ、枕は子育て世代に必須のアイテムです。

 

それに加えて凍らせたペットボトルに薄手のタオルを巻いたものを抱っこして寝ると快適に寝られるようで欠かせません。

 

また、このペットボトルの中の飲料が夜中、程よい冷たさを保ってくれています。

 

ですので夜中に目覚めた時に冷たいまま水を飲めるので子供も嫌がらず飲んでくれます。

 

というか、もう冷たい水しか飲んでくれませんね。

 

夜中に水分をしっかり取ってくれるので熱中症対策としてはバッチリだと思っています^^

 

これ、大人にも使えるのでぜひやってみてくださいね。

 

ペットボトルを凍らせる方法

もう、ご存知の方も多いと思いますが注意する点と共に書いておきます。

 

ペットボトルは買ってきたまま凍らせるのは膨張して危険なので必ず、少し中の水を減らしてから冷凍庫に入れてくださいね。

 

こちらの画像がとてもわかりやすいです。

出典@https://pbs.twimg.com/media/Bub5lvPCAAAVd5q.png:large

外に持ち歩くときは凍った中の飲料が溶けなくて結局飲めない・・・ってこともありますので、冷蔵庫に入れてある飲料を加えるのがポイントですね。

 

傾けて凍らせるのもポイントです!

 

作る時の注意点

ペットボトルは「使い捨て」にするように作られていますので使いまわしは衛生的にも不安。

 

何度も使うと劣化による破裂の危険も高まるので使いまわすのはできる限り避けましょう。

 

再利用したいなという人はこちらの凍らせることができる水筒がおすすめです。

vapur(ヴェイパー) 携帯型ウォーターパック アンチボトル 0.5L シアンブルー 640010100

新品価格
¥1,260から

(2017/7/4 16:32時点)

 こちらのヴェイパーウォーターボトルはこんなに優れています!

 

・冷凍可能

・洗える(食器洗浄器もOK)

・折りたためる。

・バッグやベルトループに掛けられる(金具付属)

・背面に名前が書ける。

出典@http://blog.odakyu-dept.co.jp/odachansblog/2011/07/post-180.html

飲み終わったら小さく丸めて持ち帰れる。

 

飲み終わると丸められるのはお出かけにベストですね!

 

凍らせたペットボトルはこんな使い方も!

扇風機の前に置くと涼しい風が来ます(笑)

 

これではもう今年の暑さは無理でしょうか・・・

海外のおもしろ暑さ対策

熱中症対策は様々ありますが海外の暑さ対策で斬新なアイデアを紹介しますね。

パソコンごと冷蔵庫に入れちゃうパターンですね。これもう冷蔵庫の中の食品アウトじゃないかなと思うのですが・・・(笑)

分かりやすい!氷風呂!冷えすぎじゃないかい!?と思いますが・・・

足湯ならぬ足氷・・・^^

いや、多すぎでしょ!(笑)

出典@http://www.yukawanet.com/51097/5231922.html

 

やることが大胆ですねぇぇぇ( ´艸`)

まとめ

ペットボトルを凍らせるだけなら簡単ですよね!

 

子どもも大人も気をつけなければいけない熱中症については記事をたくさん書いていますのでこちらから参考にしてみてください。

 

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
育児・子育て
milluをフォローする
スポンサーリンク
子供もママもハッピーに!~子供と楽しく遊ぶ暮らしを紹介するブログ~

コメント